2018年8月5日日曜日

    『300年後の私たちに天才画家が送ったメッセージ』




この絵のタイトルは『老婆』。
画家はパルタザール・デンナーと言うドイツの画家。
この絵は現代の批評家にモナリザと同等と言わしめた絵である。
今から約300年ほど前の絵である。
日本では全くの無名と言っていい画家で
私は何の知識もなく展覧会でこの絵を見たとき衝撃を受けた。
この絵を見てから展覧会の他の名画と言われる絵を見ても
マンガ(いい意味で)にしか見えなかったのを覚えている。
それほどこの絵はリアルだったのである。
驚くべきはこの絵のモデルの老婆は存在しない。
画家の空想で描いているのである。
ある日、友人にこの絵のすごさを自分のことのように自慢していると友人は
『これフェイクファーやね。』
『フェイクファー?』
『この老婆が首に巻いているやつ。』

フェイクファーとは
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
合成繊維による人工毛皮の総称。本物より安く実用的なこと,捕獲禁止動物が増えたことや環境保護問題の表面化などで注目を集めている。
とネットで書いてあった。

300年も前の絵に現代のものが?
もう一度この絵を見てみると現代の我々が見るとあまりにも当たり前すぎて逆に見えていないものがあった。それはこの絵の構図だ。目を中心にピントを合わしてだんだんとピントをやわらかくぼやかしていく技法。これはまさしく写真の技法である。
写真はこの絵の100年後に発明されている。
このフェイクファーも現代の我々には珍しくない見慣れたものだ。
300年も前の絵にまだ発明されていない写真の技法で現代の人口毛皮が描かれている。これは紛れもない事実である。
ここからは私の個人の見解と言うか妄想だ。
この画家は現代の人間(しかも天才的な画家)で何らかの事情で300年前に行ってしまい(体ごとか意識だけ?)本当の自分を知ってほしいと願い、当時では存在しない現代の技法で現代のものをリアルに描き300年後いつか誰かが自分のことに気付いてくれると信じてこの『老婆』を描いた。

この『老婆』は歌川国芳の浮世絵に描かれたスカイツリーらしきものではなく、写真の技法で現代の人口毛皮をはっきりとリアルに事実として描かれた絵なのだ。そして300年後この絵の真実に気付くごくわずかな人間に送られた画家の願いのこもったメッセージが隠された絵なのである。
そう思ってもう一度この絵を見てみると心にジーンとくるものがある。
そしてこう心の中でつぶやく
『私は気付いているよ。あなたのメッセージに。』と。


追伸
海外のウェキペディアでパルタザール・デンナーが載っていた。
直訳に変換すると生涯の出来事において気になる一文があった。

Balthasar8歳のとき、彼は彼の人生を忘れてしまった事故に遭った。』

信じるか信じないかはあなた次第です。

0 件のコメント:

コメントを投稿