2019年11月16日土曜日

『空を飛ぶ世界で最初のヒーローは?』


「空を飛ぶ世界で最初のヒーローは?」と言うとほとんどの人が
「スーパーマン」と答えるだろう。
世界で最初のヒーローとネットで検索すると出てくるのはスーパーマンである。
スーパーマンはみなさんご存知の通り赤いマントをまとい空を飛ぶ。
そのスーパーマンは1938DCコミックに初めて登場する。(ウェキペデイアから)
ちなみにバットマンは1939DCコミックに登場。
このスーパーマンから空を飛ぶヒーローの歴史が始まる。
空を飛ぶヒーローは日本では鉄腕アトムに始まりウルトラマン、アンパンマン、そしてドラゴンボールに受け継がれていく。日本では各世代に空を飛ぶヒーローが存在するのである。
映画の興行収入世界一となった大ヒット映画「アベンジャーズ エンドゲーム」の主役アイアンマンも空を飛ぶ。今や空を飛ぶヒーローは全世界に受け継がれているのである。


それでは再度正確にみなさんに質問させていただく。
『空を飛ぶ世界で最初の本当のヒーローは?』
みなさん 「ン?」となっていると思われるが実は空を飛ぶ世界で最初の本当のヒーローが存在するである!
スーパーマンより7年も前に空を飛ぶヒーローが存在していたのである。
しかもこの日本に!
そのヒーローとは...

そのヒーローとは、紙芝居から誕生した『黄金バット』である!

黄金バットはスーパーマンより7年も前の1931年に紙芝居に登場していたのである。
ちなみにバットマンより8年も前の登場になる。
黄金バットは鉄腕アトム世代より前の日本の全国の子供たちに絶大な人気を誇っていた。
黄金バットいうヒーローはどんな姿かと言うと
黄金のどくろの面で、真紅のマントをまとい、常に紅こうもりの大群をともなって登場する。
黄金バット(黄金こうもり)は、赤いマントをまとい空を飛ぶスーパンマンよりも前に赤いマントをまとって空を飛び、こうもりをモチーフにしたバットマンより前にこうもりの大群を伴って登場する。
「紙芝居と言えば黄金バット、黄金バット言えば紙芝居」と言われるくらい人気があった。
これがほとんどの人に知られていない事実である。

紙芝居のヒーローはコミックのヒーローより7年も前に誕生していたのである。
これから語ることは私の仮説である。
紙芝居のヒーロー『黄金バット』はネットのない時代アメリカまで伝わるのに7年かかった。
どくろはアメリカでは不吉で忌み嫌われているためそのままの姿では受け入れられない。
スーパーマンは黄金バットから赤いマントで空を飛ぶスタイルを受け継ぎ
バットマンは黄金バットの名前を受け継いだと考えられるのではないか。
ただの偶然でこの仮説を否定できるだろうか?
また偶然でもここまでの偶然があるのだろうか?

しかし偶然だろうが必然だろうが紙芝居のヒーロー『黄金バット』はコミックのヒーロー『スーパーマン』より7年も前に日本に存在していたという事実は誰も疑いようがないのだ。


紙芝居のヒーロー『黄金バット』が誕生していなければスーパーマンもバットマンも鉄腕アトムもウルトラマンもアンパンマンもドラゴンボールもそしてアベンジャーズも誕生していなかったかもしれないのである。


以上、私の仮説が正しいかどうかはみなさんの判断に任せることにする。

追伸
スタジオしあわせの作品にかみしばいムービー『しあわせのだいぼうけん』がある。
その主人公しあわせは空を飛ばないが赤いマントをまとっている。

しあわせは紙芝居のヒーローの正統な後継者なのである。

2019年4月21日日曜日

『誰も知らないプリンス、真のメッセージ』


プリンスが亡くなって3年。
亡くなった当時たくさんの音楽雑誌が特集をしたり追憶本が出た。
しかしどの雑誌や本にもプリンスの真のメッセージが書かれていなかった。
プリンスの真のメッセージは作品の中に散りばめられている。
人々は曲がどうとかヒットしたとかなどなどミュージシャン・プリンスとしての評価ばかりで人間としてのプリンスのメッセージを今まで誰一人語るものがいなかった。
私は時々こんな話を思い出す。
「賢者が真実を指さした。しかし人々が見ていたのは賢者の指先だった。」
これから語るのは私個人の見解であり妄想である。

プリンスの作品の中でしばしば生まれ変わりに言及している作品がある。
一番代表的なのはフィギアスケートの羽生結弦選手がSPで採用したことでも知られている曲『レッツ・ゴー・クレイジー』である。
この曲の始まりの語りの部分

愛する人よ
われわれは人生を生きる
人生は長い長い道のり
だが待て
来世がある

(映画『パ-プル・レイン』の中の日本語訳)

この曲はシングルカットして全米1位を記録、この曲が収録されているアルバム『パープル・レイン』も1984年に全米1位を記録。世界的大ヒットをしている。
みんなはこの曲の歌詞「来世がある」を比喩としてプリンスは歌っているととらえている。しかしプリンスは言葉通り事実として「来世がある」と歌っているのである。愛する人へ。
注意)これはあくまでも来世が実在するのだといこうことではなく、プリンスが「来世がある」と個人的に信じているということである。これは私の個人的な見解であり私自身来世があると信じているわけではない。またそれを肯定するために語るものでもない。


1988年発売アルバム「ラブセクシー」はテーマが『再生』と言われている。
言葉通り「再び生まれる」である。

生まれ変わりについて調べてみると唐突だが12千年前に滅んだ超古代文明アトランティスまでは人は両性具有であり人とイルカで生まれ変わりを自由に選べていたとある。
しかしアトランティス崩壊後、生まれ変わりは、人は人で生まれ変わりイルカはイルカで生まれ変わり、性別も男と女に分かれたという。
「本当かあー?」、「胡散臭い、マユツバものだ!」とみなさんはそう思うだろう。
私もそう思う。
プリンスの曲にこれを語ったものがあるかどうか調べてみるとなんと1995年発売アルバム「ゴールド・エキスペリエンス」に収録されている曲「ドルフィン」があった。

もしイルカになって戻ってきたら
君は僕の言うことを聞いてくれるかい
(中略)
君に泳ぎ方を教えてもらう前に死んでしまうんだ
そしてイルカになってまた戻ってくるのさ
(中略)
僕は戻ってくるよ ベイビー
僕を受け入れて 友達になっておくれ
イルカ
イルカとして

そして両性具有についてはプリンスが改名後読み方がわからないシンボルの形がそれだ。
男の記号と女の記号とト音記号とラッパの記号をミックスしたものだ。
この改名後第一弾としてアルバム「ゴールド・エキスペリエンス」が出ている。

生まれ変わりの特徴で前世の才能や能力を来世にも持ち越せることがあると言われている。
天才といわれる人がそれで前世でその才能や能力をマスターしていることで今生にそれが生かされているというものだ。
ウェキペデイアではプリンスは27種類以上の楽器が演奏できるとし曲も膨大な数があるとされている。この人間離れした演奏能力、作曲の才能はこの説から考えるとプリンスは前世は音楽家だと推測できる。ではプリンスは前世はどんな音楽家だったのだろうか?プリンスは生まれ変わりを信じていたとしたら自分の前世は誰だったのかどんな音楽家だったのか知っているはずだ。そしてプリンスはそれを私たちに何らかのメッセージとして送っているはずだ。
プリンスは27種類以上の楽器が演奏でき、曲も膨大な数を作っている。曲作りのスピードはとても早いという。昔に存在したプリンスに似た天才的な音楽家は一体誰だろか?ヴェートベンは努力の人というイメージがする。一般の人が思う天才的な音楽家と言えばやっぱりモーツァルトではないだろうか?この仮説でもう一度プリンスのアルバム及び曲を調べてみる。すると気になるアルバムがあった。
1994年発売アルバム「プリンス19581993 Come」だ。
このアルバムが当時プリンス名義では最後のアルバムになっている。
プリンスは「プリンスは死んだ。」といいそれから読み方がわからない記号の改名 をする。
このアルバムのタイトル名、普通なら「Come だ。しかしアルバム名にあえて「プリンス19581993」と入れている。プリンスは1993年に死んだということだ。「プリンスは死んだ。」と宣言しているのだ。では一体プリンスは何歳で亡くなったのか?それは享年35歳である。プリンスの前世は35歳で亡くなったプリンスに似た偉大な音楽家だ。それがヒントだ。
まさかとは思いモーツァルトの亡くなった年齢を調べてみると、な・な・何と!

35歳!

プリンスはメッセージとして
「おれはモーツァルトの生まれ変わりだ!たくさんの楽器が演奏できて曲もいっぱいつくっているんだ!みんな気づけよ!」といっているのではないだろうか。
これを本当に他人に言ってしまうと「頭おかしいんとちゃう?」と思われるのがおちだ。
だからわかる人にはわかるようにあえてアルバムのタイトルに「プリンス19581993」を入れたのである。


プリンスは「レッツ・ゴー・クレイジー」で
「来世がある」と歌っている。
生まれ変わりの統計で最短で死後10ヶ月後に生まれ変わるとしている。
プリンスが亡くなって3年が過ぎた。
もしプリンスが最短で生まれ変わっていると仮定するならば10年後20年後に
沢山の楽器が演奏できて沢山の曲が作れてしかも踊って歌も歌える人間が出てくるはずである。
プリンスの真のメッセージ、それは
「僕はまた君に会うために戻ってくるよ。沢山の楽器が演奏できて沢山の曲が作れてしかも踊れて歌も歌える人間として!だから僕の死を悲しまないで」と。
以上は私個人の見解であり妄想である。

最後に私のメッセージを贈ります。
  
プリンス ありがとう さようなら また会う日まで

2018年8月5日日曜日

    『300年後の私たちに天才画家が送ったメッセージ』




この絵のタイトルは『老婆』。
画家はパルタザール・デンナーと言うドイツの画家。
この絵は現代の批評家にモナリザと同等と言わしめた絵である。
今から約300年ほど前の絵である。
日本では全くの無名と言っていい画家で
私は何の知識もなく展覧会でこの絵を見たとき衝撃を受けた。
この絵を見てから展覧会の他の名画と言われる絵を見ても
マンガ(いい意味で)にしか見えなかったのを覚えている。
それほどこの絵はリアルだったのである。
驚くべきはこの絵のモデルの老婆は存在しない。
画家の空想で描いているのである。
ある日、友人にこの絵のすごさを自分のことのように自慢していると友人は
『これフェイクファーやね。』
『フェイクファー?』
『この老婆が首に巻いているやつ。』

フェイクファーとは
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
合成繊維による人工毛皮の総称。本物より安く実用的なこと,捕獲禁止動物が増えたことや環境保護問題の表面化などで注目を集めている。
とネットで書いてあった。

300年も前の絵に現代のものが?
もう一度この絵を見てみると現代の我々が見るとあまりにも当たり前すぎて逆に見えていないものがあった。それはこの絵の構図だ。目を中心にピントを合わしてだんだんとピントをやわらかくぼやかしていく技法。これはまさしく写真の技法である。
写真はこの絵の100年後に発明されている。
このフェイクファーも現代の我々には珍しくない見慣れたものだ。
300年も前の絵にまだ発明されていない写真の技法で現代の人口毛皮が描かれている。これは紛れもない事実である。
ここからは私の個人の見解と言うか妄想だ。
この画家は現代の人間(しかも天才的な画家)で何らかの事情で300年前に行ってしまい(体ごとか意識だけ?)本当の自分を知ってほしいと願い、当時では存在しない現代の技法で現代のものをリアルに描き300年後いつか誰かが自分のことに気付いてくれると信じてこの『老婆』を描いた。

この『老婆』は歌川国芳の浮世絵に描かれたスカイツリーらしきものではなく、写真の技法で現代の人口毛皮をはっきりとリアルに事実として描かれた絵なのだ。そして300年後この絵の真実に気付くごくわずかな人間に送られた画家の願いのこもったメッセージが隠された絵なのである。
そう思ってもう一度この絵を見てみると心にジーンとくるものがある。
そしてこう心の中でつぶやく
『私は気付いているよ。あなたのメッセージに。』と。


追伸
海外のウェキペディアでパルタザール・デンナーが載っていた。
直訳に変換すると生涯の出来事において気になる一文があった。

Balthasar8歳のとき、彼は彼の人生を忘れてしまった事故に遭った。』

信じるか信じないかはあなた次第です。

2018年4月7日土曜日

『HIKAKIN、はじめしゃちょーを超える全く新しいユーチューバー』


HIKAKIN、はじめしゃちょーを超える全く新しいユーチューバー、それは..。

現在のユーチューバーの主流はおもしろ動画、ゲーム実況、グルメ、英会話、メイク
などをユーチューブで発信しているものがほとんどである。
そのトップがHIKAKIN、はじめしゃちょーである。
そして最近はユーチューバー同士のコラボが増えてきている。
今、ユーチューバーは過渡期にきているのではないだろうか。
その中で私の予言として言いたいのがユーチューブで今までにない『何か』をすることで、たった一人(少人数)であらゆる業界のトップを超えるユーチューバーが今後出てくると言うことだ。
超えるというのは誰が見ても客観的な事実である売り上げであったり、シェア、人数、数などである。そのどれか一つでも業界のトップを超えるユーチューバーを
私は

『スーパーユーチューバー』

と定義したい。
もっと簡単にわかりやすく言うとドラゴンボールZのスーパーサイヤ人のように全く新しいユーチューバーがでてくるということである。
その『スーパーユーチューバー』になるにはおもしろ動画、ゲーム実況などではなく今までにない『何か』をしなければならない。

追伸
これは新たな時代の幕開けである。が『スーパーユーチューバー』が将来の主流になるかどうかは時代が『スーパーユーチューバー』を選ぶかどうかである。

2018年2月1日木曜日

『松本人志 実はツッコミの天才説』


ほとんどの人は松ちゃんがツッコミの天才だとは気付いていない。
それはボケがすごすぎるのとツッコミは浜ちゃんに任せてボケに徹しているから
気付かれにくいのだ。
だがごくたまにテロップにも出ない松ちゃんのツッコミが存在する。
松ちゃんがツッコんだとき浜ちゃんがケラケラと笑っている、それがその時である。
一番の例が昔のガキの使いのトークで(前後の話は忘れたが)
浜ちゃんが『チンパンジー。』
というのを『チンパンジ。』とのばさず言ったのだ。
間髪入れずに松ちゃんが
『どんな子供やねん!』そして浜ちゃんがケラケラと笑った。
そのやり取りは本筋の話と違うためすぐに本筋の話に戻っていった。


このすごさがわかるだろうか?

フリートークで本筋の笑いを創っている会話の最中に浜ちゃんの何気ない言葉を拾い
間髪入れずに一番面白い言葉でツッコむ。
一切ボケていないのである。
さらにすごいところはツッコミむ言葉自体がボケでもない通常のツッコミでもない言葉で笑いを創っているのである。
『チンパン児』
『どんな子供やねん!』
この笑いがわかる人は島田紳助がイメージ出来ん奴は紳竜の漫才はわからんと言っていたことと同じである。
イメージ出来る人にとってはこのやりとりは大爆笑である。
そしてすごいと感動するのである。だから子供には分かりにくいしイメージの乏しい人には面白さがわからないのである。

『チンパン児』
『どんな子供やねん!』
一般の人は浜ちゃんのゴリラの合成写真を見て笑う。
しかし松ちゃんはこの瞬間にイメージをして浜ちゃんを笑せる。


実はこのやりとりの笑いは全く新しい笑いなのである。
普通の会話の中にある言葉をその笑いにできる言葉を見つけ創造を掻き立てられる言葉で瞬時に返す。
それを松ちゃんは一人でやって成立させているのである。
ニュートンが日常にある出来事から万有引力という真実を見つけるが
松ちゃんはさらにそこから笑いを創造する。
『笑ってはいけない』や『すべらない話』などがそれを実証している。

松本人志 本当はツッコミの天才なのである。

2017年12月31日日曜日

松本人志様へ。

松本人志様へ。
私はあなたに一度もお会いしたことがありませんし
これからもお会いすることはまずないでしょう。
あなたがこのブログを見ないのは百も承知です。
しかしあなたに一番伝えたいことがあります。
それは

『あなたはお笑いの天才です。』

そのことはあなたもご存じとは思います。
特に私の世代ではあなたはお笑いの『神』でもあります。
あなたがいなければ『本当の笑い』を知らずに私は人生を終えていた
ことでしょう。
しかしあなたが私に本当に笑うということを教えてくれました。
あなたの笑いは普通の言葉を爆笑の言葉に変えてしまいます。
それは普通の言葉を感動の言葉に変えるボブディランよりすごいことです。
もしノーベル賞にお笑い部門ができれば間違いなく第一号はあなたです。
もう一つ伝えたいことがあります。
それは

『あなたは感動より笑いを選んだ人間です。』

またあなたの笑いを見た人はどちらかの人間になります。
お笑いを目指す人とあなたを超えることができないと知りお笑いをあきらめる人。
私は後者の人間です。
そして私は違う世界であなたを超えるという道を選びました。
そしてやっとたどり着いたのが『かみしばいTV』と『マンガかみしばい絵本』です。
最後に伝えたいことがあります。
それは

『私は笑いより感動を選んだ人間です。』

永遠に笑いを 松本人志様。